エクリン腺の正体とは?

「汗」を分泌するエクリン腺の働きと多汗症との関係
人間には2種類の汗腺があり、それぞれ違うはたらきをしています。

 

普段私たちが「汗」として認識しているのはエクリン腺から分泌されている汗を指します。

 

多汗症で発汗される汗も、このエクリン腺から分泌されている無色透明で無臭の汗なのですが、普通の汗とはどう違うのでしょうか?

 

エクリン腺の働き

エクリン腺は、唇と性器を除く身体のほとんどの部位に無数に存在しています。

 

身体の中でエクリン腺の数が多い部位は、
手のひら、足の裏、わきの下、顔面(額)に特に多いのでこれらの箇所に
局所多汗症の症状が見られやすいのです。

 

このエクリン腺から分泌される汗の働きとしては、気温などにより上昇した体温を下げる「温熱発汗」と呼ばれる体温調節の働きがあり、生命維持のためにはとても重要な働きをしている汗腺です。

 

多汗症

エクリン腺からの汗の成分

エクリン腺から分泌される汗は無色透明、無臭のさらさらした汗です。

成分の9割が水で、残りの1割がナトリウムなどのミネラル成分やお肌を保護する働きのある尿素が含まれています。

 

このエクリン腺から分泌された汗は皮脂腺から分泌される皮脂と混ざることで
お肌に潤いを与えてくれる役目もしています。

 

多汗症の汗は臭う?

多汗症の汗は、わきが(腋臭症)と混同されやすいのですが、わきがはアポクリン腺から分泌される独特の臭いと粘り気のある汗なのでエクリン腺からの汗とは根本的に違うのです。

 

元々、エクリン腺からの汗は無色透明で無臭ですが、汗を拭き取らずそのままにしておくと皮膚表面の汚れや皮脂と混ざり、雑菌が繁殖してしまいます。

 

この汗により雑菌が繁殖した臭いのことを
「汗臭い」臭いといい、
わきがの臭いとは根本的に違うのです。

 

多汗症で「汗臭い」だけなのにわきがと勘違いして、精神的に悩んでストレスを溜めることにより余計に多汗症が悪化してしまうおそれがあるので注意が必要です。

 

まとめ

多汗症の人が大量に発汗してしまう汗は
エポクリン線から分泌されている汗なので
本来は無臭の汗なのです。

 

しかし、そのまま放置すると雑菌が繁殖することで「汗臭い」においになってしまいますので汗をかいたらなるべくこまめに拭き取ることでにおいの対策になりますよ!

 

わきがと多汗症の違いを検証! も参考にしてくださいね。

SponserdLink