アポクリン腺の働きと多汗症との関係

<img src=" />
人間には2種類の汗腺があり、
それぞれが違うはたらきをしています。

1つは、体温調節のために汗を分泌する働きのある
エポクリン線。
もう1つは腋臭症(わきが)の臭いの原因である
汗を分泌するアポクリン腺があります。

アポクリン腺の働き

アポクリン腺はわきがの臭いの原因となる
粘り気のある汗を分泌します

わきの下、性器、乳輪の限られた部位に分布していますが、
特に多いのがわきの下です。

腋臭症(わきが)の人は普通の人より
アポクリン腺の数が多いことから
臭いの原因である汗をかきやすいのが特徴です。

 

現代、特に日本でわきがの人の臭いは、
周囲からも避けられがりですが
本来アポクリン腺から分泌される独特の臭いの汗は
フェロモンとして異性を惹きつける働きがあるのです。

しかし、その動物的フェロモンも
臭いを気にする社会である日本では嫌われやすく
腋臭症の人は大きなストレスを抱えているのが現実です。

 

アポクリン腺からの汗が臭う原因

エクリン腺から分泌される汗はさらさらとしていて
無色透明でほとんどが水で構成されているのに対して、
アポクリン腺から分泌される汗は
乳白色で粘り気があり、脂肪・蛋白質・アンモニア・糖質
などの多くの有機質を含んでいます。本来、アポクリン腺から分泌される汗も
エポクリン腺からの汗と同様に無臭なのですが
汗の成分が臭いの原因となるのです。

アポクリン腺の汗に含まれる有機質を
皮膚の上にある常在菌が分解して繁殖することで、
独特のわきがの臭いが発生するのです。

雑菌が繁殖した臭いのある汗が衣類に染み込むことにより、
更に衣類の上で雑菌が繁殖し、強い臭いになってしまいます。

 

アポクリン腺と多汗症の関係

多汗症の汗は主にエポクリン腺から
分泌される汗ですが、
アポクリン腺も誰でも持っているので
当然、アポクリン腺からの汗も含まれます。

アポクリン腺から分泌された汗が例え少量であっても、
常在菌によって繁殖した雑菌による臭いが
エポクリン腺から分泌された大量の汗で全身に広まることで、
臭いが広範囲に広がってしまいます。

このことから、本当はわきがではなく多汗症なのに
わきがだと勘違いしてしまうことが多いのです。

SponserdLink