汗と臭いの原因と関係とは?

あなたは大丈夫?多汗症の汗と臭いの原因と関係を検証!

 

人間は誰でも汗をかいたまま放置してしまうと「汗臭い」と言われるにおいが発生します。

 

これは多汗症の人に限らず、全ての人に起こり得る汗のにおいなのです。

 

そもそも「汗くさい」というにおいは
どうして起こってしまうのでしょうか?

汗臭さの原因とにおいの正体は!?

人間には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つの汗腺があります。

 

エクリン腺から分泌される汗は通常の汗で、アポクリン腺から分泌される汗はわきがの原因となる有機質を豊富に含んだ汗です。

 

わきがの原因となるアポクリン腺からの汗は臭い!と思われがちですが、アポクリン腺からの汗も、エポクリン腺からの汗もどちらのも汗をかいてすぐはは無臭なのです。

汗臭くなるのはどうして?

本来無臭だった汗が臭いを放ってしまうのは汗によって皮膚の表面にある常在菌が汗の水分と栄養分によって大量に繁殖してしまい水分と栄養素を分解することで、「汗臭い」と呼ばれるにおいが発生するのです。

 

常在菌、と言うと「菌」なので悪い物のように感じますが、病原菌や外的刺激から守る働きがある微生物ですので常在菌が汗臭さの一番の悪者!という訳ではないのです。

 

しかし、常在菌の働きが活発になることにより発生するのが
「汗臭い」においの正体なのです。

多汗症

「汗臭さ」を防ぐための対策

汗臭さを防ぐためには、日常生活を見直すことが効果的です。

 

少しだけ気を遣うだけでにおいの原因を改善できるのでにおい対策をしてみましょう!

汗をかいたらこまめに拭き取りを!

かいたばかりの汗は水に近い成分なので無臭なので、汗をこまめに拭き取ることで常在菌の繁殖を抑え「汗臭い」においの発生源を抑えることができます。

 

多汗症の人は全ての汗を拭き取るのは
難しいかもしれませんが、トイレなどで濡れタオルでこまめに拭き取ることで
臭いの発生を効果的に抑えることが可能です。

食生活習慣と食生活を見直しましょう!

「常在菌が繁殖する「餌」になる栄養素は汗と同時に皮脂腺から分泌される皮脂です。

 

皮脂は肉類などの動物性油脂を摂取することで分泌が活発になってしまうので、注意しましょう。

 

皮脂の分泌を抑えるには、野菜やフルーツ類(特にキュウイフルーツ)などで
ビタミンC・ビタミンEなどの抗酸化物質の多く含まれる栄養素を摂取すると効果的です。

 

また、ストレスからも臭いの原因となる皮脂の分泌が盛んになるので
なるべく規則正しい生活を送り、睡眠をたくさんとるようにしましょう。

「汗臭さ」と「わきが」の違い

汗臭さとわきがは混同されやすいのですが根本的に違うのです。

 

わきがは腋臭症とも呼ばれる症状で、
アポクリン腺から分泌される有機質の多い汗により潜在菌が大量に発生してしまうことにより独特の強い臭いが発生してしまう症状です。

 

多汗症は汗の量が多い症状で主な臭いは「汗臭さ」なので混同しないようにしましょう!

SponserdLink