わきがと多汗症って違うの?

わきがと多汗症の違いって何?効果的な治療法と対策方法
多汗症と並んで多い汗の悩みに、わきががあります。

 

多汗症は大量の汗をかき、わきがは「汗をかいたあとの臭い」が最大の悩みですね。

 

わきがと多汗症は同じ汗の悩みでも、根本的に違いがある症状なのです。

 

この2つの違いは何なのでしょうか?
詳しく検証してみましょう!

 

わきがとは?

わきはとは、正式名称を腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれます。

 

ニオイの原因は、汗腺の1つであるアポクリン腺から分泌される汗が、強い臭いを発する体質とされています。
 
その臭いはとても強烈で、通常の汗の臭いというより独特の臭いで「雑巾が腐った臭い」と例えられることがあります。

 

治療方法も様々あり、手術でアポクリン腺を切開する方法や手術をせずに制汗剤や民間療法で治療する方法があります。

 

多汗症との違いは、汗が多い症状ではなく
強い臭いが主な症状なのがわきがです。

 

多汗症

多汗症とわきがの違い

ニオイが強いわきがの症状に対して多汗症は、大量の汗をかくという症状です。
 
多汗症の汗は臭わないのか?というと決して臭わないわけではありませんが、わきがと違ってアポクリン腺から分泌される強烈な臭の汗とは違いがあります。

 

汗が臭う原因は、汗が皮膚上の皮脂と混ざり雑菌が繁殖することで「汗臭い」臭いとなるのです。

 

要するに、汗そのものは無臭なのです。

 

汗をかいたらこまめに拭くことによって
雑菌の繁殖が抑えられますが、汗症の場合は大量の汗をかいてしまうのでシャワーで洗い流さない限り、汗を全て拭き取るのは不可能です。

 

多汗症の「汗臭い」という匂いは、わきがの独特の臭とは根本的に違うのですが
多汗症の本人は「自分もわきがだ」と勘違いしている人も少なくありません。

 

汗の臭いの対策方法

わきがと多汗症はこのように原因は違いますが、汗からくるニオイには制汗剤が一時的な臭い対策としては有効です。

 

「制汗剤」というと、汗を抑える効果に目がいってしまいがちですが大きな効果としては、皮膚表面の細菌・雑菌を殺菌し汗の臭いを抑える働きもあります。

 

ただし、臭いをごまかすために香りの強い香水を使ってごまかそうとしている人も多く見受けられますが、これは絶対に避けるべきことです。
 
香水には殺菌作用はないので、汗の臭いと香水の香りが混ざって、他人にはより一層不快な香りになってしまうことも。。。

 

汗の臭いを根本的に軽減させるには、無香料の制汗剤を使用するのがオススメです!

SponserdLink