ストレスを発散させて多汗症対策!

ストレスと多汗症の深い関係と、簡単で効果的な対策方法
多汗症の多くは、精神的ストレスや不安、緊張から自律神経のうちの交感神経のバランスが乱れ症状が出てしまいます。

 

これを精神性発汗と呼びます。

 

精神性発汗の対策方法としては、リラックスして精神的緊張をほぐすことが有効な対策方法です。

 

ここでは、多汗症とストレスの関係と効果的な対策方法を紹介します!

 

ストレスが溜まることで多汗症を引き起こす理由

現代社会は【ストレス社会】とも言われ、
ストレスがない人はいない環境ですが人間は、緊張・不安などでストレスがたまると様々な悪い影響が出てしまいます。

 

ストレスが身体に与える悪影響としては、
次のようなことが挙げられます。

 

・免疫を低下させ風邪をひきやすくなる。

 

・循環系機能を低下させ、心拍数の増加や高血圧を引き起こす。

 

・消化器系機能を低下させ、胃痛・下痢などを引き起こす。

 

・精神系機能を低下させ、ストレスホルモンが増加することにより 精神的なバランスを崩し、様々な悪影響を及ぼす。

 

精神性多汗症も、ストレスにより精神系機能が低下することにより自律神経のバランスが乱れて発症してしまうので、ストレスと多汗症には深いつながりがあるのです。

 

多汗症

リラックスすることが多汗症対策になる!?

「リラックスする」ということは、精神的な緊張や不安を和らげて精神的に安定している状態のことをいいます。

 

リラックスした、精神的に安定した状態になると自律神経と交感神経のバランスが保たれるので、精神的発汗も抑制される効果があるのです。

 

残念ながら、自律神経は自分でコントロールができないので「汗をかきたくない」と思えば思うほど、それがストレスとなり余計に汗をかいてしまうのです。

汗をかいてきて気になり始めたときの対処方法

まずはゆっくりと腹式呼吸で深呼吸をして
心を落ち着かせます。

 

そして「汗をかきたくない」と決して思わないようにして「汗をかいたけど、まぁ仕方ない」などと開き直るようにするとストレスが溜まらないので精神的発汗を抑えることができます。

 

リラックスして精神的緊張や不安を取り除くことだけが自律神経のバランスを保つ方法なのです。

色々なリラックスの方法

「ストレス」は人によってそれぞれ違うのと同じで、「リラックスすること」も人によって様々な方法があります。

 

例えば、
・カラオケに行って大声を出して歌う
・好きなものをたくさん食べる
・ショッピングに出かけて好きな物を買う
・誰かに悩みを相談してスッキリする
・軽い運動・ストレッチをしてみる
・ボディーマッサージやエステに行く
・長湯をして身体の緊張をほぐしてみる
・アロマテラピーをしてみる
・山へ出かけて森林浴をしてみる

 

など、様々なリラックス方法があるので
自分自身が一番したいことをすることで心身ともにリラックスできますよ。

 

自分なりのストレス発散方法を見つけて日常生活に取り込むことでストレスが溜まりにくい体質となり、精神性多汗症を抑える効果が期待できますよ☆

SponserdLink