肌を清潔に保つことが大切!

多汗症の汗と臭い対策方法と、効果的な治療方法
多汗症の人が最も気になる要素として、
「汗くささ」「わきが臭」があります。

 

このにおいの原因は、汗が皮脂と混ざり
皮膚表面の潜在菌が繁殖することにより
独特のにおいが発生してしまうのです。

 

このにおいを防ぐためには、肌を清潔に保つことでセルフケアができます!

 

ここでは、多汗症の人におすすめの汗のにおい対策方法を紹介します。

 

肌を清潔に保つことが大切!

多汗症の人は、どうしても汗を多くかいてしまいます。

 

汗自体は本来無臭なので、かいたばかりの汗はにおいはないのですが時間が経ってくると独特の「汗臭さ」が発生します。

 

この「汗臭さ」はわきが臭とは根本的に違うのですが、周りの人はその違いに気づかない人が多いので「わきがの臭いがする」と思われることも多くあり、多汗症の人にとっては、とても大きなストレスとなっています。

 

気になる汗のにおいを抑えるためには、デオドラント剤を使うことが手軽な対策方法ですが、それに加えて、汗をかいたらこまめに拭き取るなどして肌を清潔に保つことでにおいの発生を抑えることができます。

 

汗を拭き取り肌を清潔に保つことで気になるにおいから解放されるだけでなく、汗のベタベタ感からも解放されるので精神的余裕を持つことができ、精神性発汗も抑えることができます。

 

多汗症

デオドラントシートで清潔に!

においの原因である汗をかいたら、シャワーで洗い流すことが理想敵なのですが、自宅以外の場所にいるとほぼ不可能なことですよね。

 

そこで活躍するのが、汗を拭き取るデオドラントシートです。

 

タオルやハンカチで汗を拭き取ってもかまいませんが、タオルやハンカチに汗が染み込むと、そこで雑菌が繁殖してしまいにおいを発生してしまいます。

 

デオドラントシートは1回使いきりなので衛生的ですし、消臭・殺菌効果があるものもあり皮膚を清潔に保つ効果も期待できるのです。

 

汚れをしっかり洗い流すことでにおいの元をシャットアウト!

1日の終わりには、お風呂で身体を洗い流しますがその際にしっかり汚れ・皮脂を落としてお肌を清潔な状態にすることで、
翌日のにおいにも大きく影響してきます。

 

オススメなのは、柿渋が配合された石鹸やボディーソープです。

 

柿渋には殺菌・消臭効果が高い成分が含まれているので、しっかりと汚れと皮脂を洗いながすだけでなくにおいの元を殺菌してくれるので、高い効果が期待できます。

 

私のオススメは、もう長く使っていて手放せなくなっている
柿渋石鹸薬用ボディーソープ【柿のさち】です。

 

この柿渋ボディーソープ【柿のさち】はポンプ状で使いやすく、泡立ちもいい上に臭いをしっかり洗い流してくれるので、汗のにおいが気にならなくなりました。

 

柿渋石鹸は、一般的な固形タイプのものが多くちょっと使いにくいな・・・と思ってる人にもオススメです!

SponserdLink