味覚性発汗と多汗症は違う?

辛い食べ物で大量発汗!?味覚性発汗の症状と原因とは?
味覚性発汗とは、刺激のある食べ物を食べた時に味覚の刺激によっておこる発汗症状です。

 

主に香辛料がたっぷり入った辛い食べ物を食べたり飲んだりした時に発汗しますが、これは誰にでも起こりうる正常な発汗症状です。

 

この時、普通の量ではない大量の汗をかいてしまう場合は味覚性多汗症の疑いがあるので注意が必要です。

 

味覚性発汗と多汗症の症状

味覚性発汗は、舌の組織である味来から
自律神経に伝わり発汗することで、熱いものや辛いものを食べて上がった体温を下げてくれる働きがあります。

このような味覚性発汗も誰にでも経験があることではないでしょうか。

 

この味覚性発汗は、人によって差が大きく同じ辛い食べ物を食べたとしても
汗をたくさんかく人と、全くかかない人がいます。

また、いつも辛いものを食べていると
身体が慣れてきて発汗量が少なくなることもあります。

 

いずれにしても、辛いものや熱いものを食べた時に起こる味覚性発汗症状は、体温調節のためのもので誰にでも起こりうる普通のことなので多汗症ではないので心配はありません。

 

味覚性発汗が起こりやすい食品

・熱いスープなど、熱い食べ物
・酸味のある、すっぱい食べ物全般
・香辛料がたくさん入ったカレーなど、辛い食べ物

 

味覚性発汗は、主に香辛料がたくさん入った辛い食べ物や熱い食べ物、酸っぱい食べ物を食べた時に起こりますが
正常な汗の量でしたら何の心配もありません。
 
多汗症の心配があるのは、味覚性発汗症状時の汗の量が尋常でない場合です。

味覚性多汗症と局所多汗症

辛いいもの、熱いものを食べて起こる発汗は身体の熱を下げるための生理現象なので特に問題はないのですが、普通の量ではなく大量の汗をかいてしまう場合は
味覚性多汗症の疑いがあります。
 
例えば、辛いカレーを食べたときなどは
胸より上の部分(額・鼻・顎・首)などから汗をかき、ハンカチで拭きながらカレーを食べる、この程度の汗の量でしたら通常の範囲内です。

 

味覚性多汗症の場合は、同じく辛いカレーを食べたときなどはまるでシャワーを浴びたかのようにびっしょりと服が濡れてしまうくらい汗をかいてしまうのです。

 

味覚性多汗症は、精神的要因が原因とされる局所多汗症の部類に入ります。

 

「食事の時にまた大量の汗をかいたらどうしよう・・・」

こんな風に心配するようになると、精神的にストレスや不安などの負荷が加わることで例え辛いもの以外の食事を食べた時にも発汗するようになってしまう恐れがあるのです。

 

多汗症

味覚性多汗症の対処方法

味覚性多汗症の対処方法としては、食事の際の発汗をなるべく気にしないようにして 「辛いものを食べた時は発汗して当たり前!」と思うようにして精神的負荷をかけないようにすることです。

 

局所多汗症全般に、精神面・心理面での安定が発汗症状を抑えるのに有効です。

SponserdLink