食生活を見直して多汗症を予防しましょう!

多汗症は食生活を見直せば改善できる?おすすめの方法
毎日、何気なく食べている食事ですがこの食事も内容によっては多汗症の原因となります。

 

食生活を見直すことで、多汗を抑えるだけでなく健康的な体作りができるのです。

 

この機会に自分自身の食生活を見直すだけで様々ないい効果を得られるようにしましょう!

 

多汗症と食事の関係

多汗症と食事は一見何も関係なさそうなのですが、実は大いに関係があるのです。

 

その理由は、食品の中には発汗を促してしまう刺激のある食品があるからです。

 

多汗症のほとんどが精神的要因から発症しています。

 

例えば、辛いものを食べた時に大量に汗をかいてしまい「また汗をかいたらどうしよう、嫌だな・・・」と思うことで、精神的ストレスになってしまい多汗症が悪化してしまう、といいうことです。

 

そういう悪循環を起こさないためにも、
多汗症の人は食事に気をつけることが重要なのです。

 

多汗症

食事と発汗の関係

>「多汗症になりやすい」と言っても、
食品自体が多汗症の原因というわけではありません。

 

ただ、摂取すると汗をかきやすいというだけです。

 

多汗症は精神的要因で発症することが多いので汗をかきやすい食品の摂取を控えるだけで、精神的ストレスや不安を除外しできるので多汗症にも効果があるのです。

 

多汗症の人に限らず、普通の人でも食事によって汗をかきます。

 

熱いものを食べた時に発汗するのは、温熱性発汗、辛いものを食べた時に発刊するのは、味覚性発汗。

 

これらの発汗は通常のことなので問題はないのですが、あまりにも大量に発汗してしまう場合は味覚性多汗症の疑いがあります。

多汗症の人が注意したい食品

肉類などの動物性脂肪を含んだ食品

動物性脂肪は、体内に蓄積しやすいだけでなく汗腺を刺激して発汗を促します。

 

それに加え、皮脂の分泌量も増えてしまい
皮脂が酸化し、体臭の原因にもなります。

香辛料などの刺激物を多く含んだ食品

トウガラシなどの香辛料には発汗を促す成分が豊富に含まれています。

 

辛いものを食べると誰でも汗をかきますが、汗の量が増えることで味覚性多汗症と呼ばれます。

カフェイン・アルコール類

コーヒーなどに多く含まれるカフェインや
お酒に代表されるアルコール類には汗腺を刺激する作用があるので汗をかきやすくなります。

 

また、利尿作用も高いことから体内の水分量が減り「悪い汗」をかきやすいので注意が必要です。

SponserdLink