コーヒー、お茶の飲みすぎ注意!カフェインが発汗を促す理由

カフェインの過剰摂取は多汗症に悪影響!効果的な対策
何気なく日常的に飲んでいるコーヒーやお茶と多汗症の関係をご存知ですか?

 

カフェインやビールなどのアルコール類には汗腺を刺激する作用があり、発汗が促されます。

 

コーヒーやお茶などカフェインが多く含まれる飲み物をを1日何杯も飲んでしまう人は、生活習慣を改善することで多汗症も改善することが十分あります。

 

ここでは、カフェインと多汗症の関係について詳しく紹介していきます!

 

カフェインと多汗症の関係

カフェインは、コーヒーやお茶に多く含まれ体内に取り込むことで、神経に働きかけ
眠気を覚ましたりする効果が知られていますが、多汗症とも深い関係があります。

 

この働きと似た働きとして、カフェインが中枢神経に働きかけることにより交感神経が興奮状態となり、汗腺(エクリン腺)を刺激することが分かっています。
 
汗腺が刺激されることにより、発汗が促されるのでカフェインを摂取すると汗をかきやすくなるのです。

 

また、カフェインには利尿作用があり体内に必要な水分も排出してしまいます。

例えば、コーヒー1杯(150ml)を飲むと
その倍の300mlを尿として排出してしまいます。

 
そうすると、体内の水分量が減ってしまうと血液が濃縮され、ミネラル分を多く含んだベタベタした汗をかいてしまいます。
 
このベタベタした悪い汗は、雑菌が繁殖しやすく体臭の原因となってしまうので多汗症の方は特に注意が必要です。

 

多汗症

コーヒーやお茶を無理にやめる必要はありません!

コーヒーやお茶に含まれるカフェインが
神経を刺激することで多汗症の発汗を促してしまいますが、日常的週間でコーヒーやお茶を飲む人はたくさんいると思います。
 
「発汗を促してしまうなら、大好きなコーヒーは飲むのはやめよう」

このように、飲むことを控えたりすることでストレスが溜まってしまうようであれば
かえって逆効果を招くことがあるので無理に飲むのを控える必要はないのです。

過剰摂取には注意しましょう!

カフェイン摂取をやめる必要がない理由としては、多汗症は精神的要因が大きくストレスによって悪化してしまうことがあるからです。

 

習慣的に飲んでいたり、飲むことが大好きなコーヒーやお茶を飲むことを止めてしまうと、精神的に不満が蓄積してしまいそれがストレスとなり多汗症を悪化させてしまいます。

 

多汗症のためにカフェインの摂取をやめる必要はないのですが、例ええばコーヒーを1日5杯飲んでいる人は、1日3杯に減らしてみたりすることで多汗症の症状が改善することもあります。

 

カフェインは嗜好品で、適度な量なら問題はないので過剰に摂取しすぎないように気をつけましょう!

SponserdLink