精神性発汗の症状と原因を検証

心の悩みが原因?精神性発汗の症状と効果的な治療方法
精神性発汗は、極度の緊張やストレス、
不安などの精神的な問題が原因となり
発汗する症状をさします。

 

人間は通常体温調節のために汗をかきますが、精神性発汗の場合は、精神的・心理的問題により交感神経が活発となり発汗されるのです。

 

ここでは、精神性発汗の症状の特徴と効果的な治療方法を紹介します。

 

精神性発汗の症状

人間は誰でも、緊張したり不安になると
精神性発汗の症状を起こします。

 

言葉で例えると、
「手に汗を握る緊張の場面!」や
「事故を目撃して冷や汗をかいた!」
などと言われるように、

 

精神的・心理面からの発汗は日常的に起こりうる症状なのです。

 

多汗症

精神的発汗が起こりやす時

・極度のストレスを感じたとき
・不安でいてもたってもいられないとき
・興奮して落ち着かないとき
・恥ずかしい思いをしてしまったとき
・人前に出て緊張してしまったとき
・ケガ・腹痛などで痛みを感じたとき
・驚いて心臓がバクバクしているとき

 

このような精神面・心理面での発汗は
恐らく誰でも経験があるのではないでしょうか?

 

でも、その汗の量が尋常ではない場合は精神性多汗症の疑いがあります。

精神性発汗の症状が出やすいタイプの人

・心が繊細で優しい人
・神経質で細かいことが気になる人
・完璧主義者な人
・他人に気を使いすぎる人
・几帳面で真面目な人

 

このように、繊細な性格を持っている人ほど精神性発汗を発症しやすい傾向があります。

 

精神性発汗時に注意しなければいけないことは精神性発汗時の汗の量です。

精神性発汗と局所多汗症

ストレスや不安など精神的負荷がかかった時に、手のひら、わきの下、足の裏、顔面の一部から汗が過剰な量分泌されてしまう場合は汗症の中でも「局所多汗症」の恐れがあります。

 

局所多汗症の原因は、過度の精神的ストレスや不安から交換神経のバランスが乱れることで発症し、普通の汗の量ではなく大量の汗をかいてしまう症状です。

 

多汗症の汗と普通の汗の量の違いは、
一度発汗すると汗が滴って止まらない程度の汗をかき普通の汗の量と比べるとかなり大量の汗をかくのです。
 
もし、あなたが緊張時や不安時に
流れるような汗をかいてしまう自覚があるのなら局所多汗症を疑ってみる必要があります。

注意してほしいポイント

汗の量が多いことが気になり始め、次第にストレスへと変わることで精神的負荷が加わり、多汗症がさらに悪化するケースも見受けられるので自覚症状がある場合は十分に注意が必要です。

 

局所多汗症の原因と治療法にも
詳しく紹介しているので参考にしてくださいね。

SponserdLink