汗の種類とそれぞれの対策方法

多汗症の汗の種類と、「良い汗」と「悪い汗」の違い
多汗症の汗には、「良い汗」と「悪い汗」があることをご存知でしょうか?

 

良い汗は、汗の本来の役割である体温調節機能の働きをする汗で、水に近い成分でサラサラの汗を指します。

 

悪い汗は、身体にとって大事なミネラル分を汗として放出してしまうのでベタベタしている汗を指します。

 

ここでは、多汗症の汗の種類とそれぞれの対策方法を紹介します!

 

「良い汗」と「悪い汗」とは?

多汗症の人は、汗腺の働き次第で「良い汗」「悪い汗」ができてしまいます。

 

汗腺には、血液に含まれているミネラル分を濾過し、汗とともに体外に排出しない機能が本来備わっています。

 

「良い汗」は汗腺の働きが正常な状態で、汗はほとんど水に近い成分で構成されています。

 

「悪い汗」は汗腺の働きが低下している状態で、血液中の貴重なミネラル分も汗として一緒に放出してしまうので「悪い汗」と言われます。

 

このように、汗腺の働きが活発か、活発でないかによって「良い汗」と「悪い汗」の違う状態の汗をかくのです。

 

多汗症

良い汗の特徴と良い汗の出し方

良い汗は、水に近いさらさらしていて小粒の汗なので皮膚の上でもすぐに蒸発するので気化熱を利用した体温調節も上手くできます。
 
また、弱酸性でお肌の上の雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

無色・無臭・無菌の汗なので、気になる汗のにおいも「良い汗」なら全くないのが特徴です。

 

多汗症の人が良い汗を出すためには、
日頃から運動して汗を出すようにしたり半身浴や岩盤浴、サウナなどで汗を流し、汗腺の働きを活発化させることでさらさらとした「良い汗」をかけるようになります。

悪い汗の特徴と対策方法

悪い汗は、ベタベタしていて大粒の汗なので皮膚の上で蒸発しにくく、雑菌が繁殖しやすいことから、「汗臭い」という臭いを引き起こしてしまいます。

 

体内の貴重なミネラル成分を輩出してしまう上に、気化熱による体温調節もできないので多汗症の「悪い汗」と言われています。

 

この原因としては、日頃から汗をかく習慣がなく、汗腺の働きが低下していることが挙げられます。

 

日頃から運動しない人、冷暖房を使いすぎの人、生活習慣の乱れでストレスが溜まっている人、肥満気味の人に「悪い汗」をかく傾向が見られます。

悪い汗の改善方法

「悪い汗」を改善して「良い汗」にするためには、

 

・日頃から運動をして汗を出す
・毎日浴槽に浸かって汗を流す
・冷暖房をあまり使わない生活にする

 

このように生活習慣を改善させて
汗をかきやすい体質にして
汗腺の働きを活発化させることが重要です 。

SponserdLink