制汗剤で汗とニオイをシャットアウト!

手軽にできる汗と臭い対策!制汗剤の種類と効果を検証!
手軽にできる多汗症対策として、市販されている制汗剤を使うことも一時的ではありますが、有効な手段です。

 

しかし、多汗症の人は通常より汗の量が多いので一般的な制汗剤ではあまり効果が見られないので多汗症専用の制汗剤の使用をオススメします。

 

ここでは、多汗症の人におすすめの制汗剤と使い方のポイントを紹介します。

 

制汗剤が多汗症に有効な理由

制汗剤には、その名のとおり発汗を抑える働きがあります。

 

また、殺菌・消臭効果があるタイプも販売されているので汗と汗の臭いを抑える効果が期待できます。

 

しかし、制汗剤の効果は一時的に発汗を抑える効果だけで根本的に多汗症の改善には繋がらないだけでなく、過度に使用しすぎると皮膚を炎症させてしまったり
多汗症が余計に悪化することもあるので注意が必要です。

制汗剤の色々な種類

制汗剤にはいくつかタイプがあるので、
自分の目的に会った商品を選ぶことで
更に高い効果を期待できます。

 

多汗症

発汗そのものを抑えるタイプ

制汗剤の中に微細なパウダーが入っているものです。

 

パウダーが汗と反応してジェル化し、
汗腺に蓋をすることで汗の分泌そのものを抑制する効果があります。

 

汗の臭いを抑える消臭・殺菌タイプ

本来、汗自体ににおいはないのですが、
皮膚上に存在する潜在菌と汗が混ざることにより雑菌が繁殖し、「汗臭い」臭いの元となってしまいます。

 

消臭・殺菌タイプは、雑菌の繁殖を抑え
においの元をシャットアウトします。

 

しかし、消臭効果の高い制汗剤には発汗を抑える効果はあまり期待できません。

多汗症の人向けの制汗剤

汗の量が通常より多い多汗症の人には、
制汗効果の高い塩化アルミニウム溶液がオススメです。

 

オドレミンの効果と副作用

 

塩化アルミニウムは、アルミニウムイオンが汗と反応することで凝固物を形成し、汗腺に蓋をして発汗を抑制します。

 

とても効果が高く、1回の塗布で2,3日持つ人もいますが、使い続けることにより効果が薄くなってくる事例が報告されています。

制汗剤は精神性発汗にも効果的!?

多汗症の多くは、精神性発汗と言われ
精神的ストレスや不安などから発汗してしまいます。

 

精神性発汗には「思い込み」の要素が大きく、「また汗をかいてしまう。どうしよう・・・」などと思ってしまうと、精神的負荷がより一層高まり余計に汗が止まらなくなってしまうことがあります。

 

こんな時に、あらかじめ制汗剤を使用していれば「今日は制汗剤を使っているから大丈夫!」と、精神的にも余裕を持つことができるので精神的な面からも発汗を抑制する効果が期待できます。

多汗症の人の制汗剤使用時の注意事項

制汗剤には一時的に汗を抑えるはたらきはあるものの、多汗症そのものを改善する効果はないので使用しても多汗症が改善される訳ではありません。

 

また、長期的に使用し続けることで皮膚が炎症を起こしたり、かゆみを伴うことがあるので注意が必要です。

 

お肌に合わずに炎症を起こしてしまった場合は、すぐに使用をやめて皮膚科を受診するよにしてくださいね。

SponserdLink