全身多汗症の特徴と治療法

全身多汗症とはどんな症状?特徴と効果的な治療法
多汗症の一種である全身多汗症とは、局部多汗症と比べると普段あまり汗をかかない部位(背中・お腹)などを含む全身から大量の汗をかいてしまう症状です。

 

この全身多汗症の大きな特徴としては、
その影に病気や疾患が潜んでいる恐れがあるということです。

 

ここでは、全身多汗症の症状や特徴、効果的な治療方法について紹介します。

 

全身多汗症の特徴

多汗症というと、その多くは精神的なストレス・緊張、交感神経の異常が原因とされますが、全身多汗症の場合は、
緊張しているわけでもないのに
全身から大量の汗が吹き出てしまう症状です。

 
全身を使って激しく運動した後や、蒸し暑いところに長時間居ると全身から汗をかきますが、それは単に体温を調節するために汗をかく生理現象ですので全身多汗症とは全く異なります。

 

全身多汗症は遺伝的要素もありますが、
病気・疾患から発症している場合も多いので特に注意が必要です。

 

多汗症

全身多汗症=病気のサインかも!!

前はそんなに汗かきではなかったのに、
急に汗を大量にかくようになった・・・

 

このようなケースに当てはまる人は注意が必要です。

 

何故なら、急に多汗症を発症した原因として他の何らかの病気・疾患が影響していることが多いのです。

 

全身多汗症から考えられる病気・疾患は
・急性リュウマチ
・結核
・バセドー病
・循環器系疾患
・更年期障害
・代謝異常
・中枢神経系異常

 

などが挙げられますが、一概に「○○が病気かもしれない」というわけではないので早急に医療機関での検査をすることをお勧めします。

 

このように、身体からのSOSサインが多汗症として現れることもあるのです。
 

たかが汗、されど汗、要注意!

「たかが汗をたくさんかくようになっただけだ」と思っていると病気を見逃す可能性もあるので、「急に汗をたくさんかくようになった。どこかおかしいのかも?」と思うようにしてくださいね。

 

医療機関で検査して病気・疾患が見つからず単なる全身多汗症という診断を受けたとしてもそれはそれで、重大な病気・疾患でなかったことに安心できると思いますよ☆

 

また、女性の場合は更年期障害でホルモンバランスが乱れることにより全身多汗症を発症してしまうことがあるので、注意が必要です。

まとめ

全身多汗症の場合は、原因となる要素
(病気・疾患・更年期)が解消されれば
多汗症も治ることがほとんどです。

 

気になる症状があれば、まずは医療機関で検査してから治療方法を考えることをお勧めします!

SponserdLink