ベビーの暮らし

【生後3月の秋の服装】部屋着・お出かけ・パジャマの選び方も紹介!

秋は日によって寒暖の差がはげしく、また1日の中でも朝晩は寒くても昼間は暑くなるなど大人でも服の調整が難しい季節ですね。

そんな秋、生まれてまだ間もない生後3ヶ月の赤ちゃんとなると、どんな部屋着を着せたらいいか悩むママも多いのでは?

また、お出かけ着、寝るときのパジャマやお布団も何を着せたらいいのか?悩みますよね。

今回は、【生後3月の秋の服装】部屋着・お出かけ・パジャマの選び方も紹介していくので参考にしてくださいね☆

生後3ヶ月│秋の肌着と服装の選び方

生後3ヶ月の赤ちゃんこの頃の赤ちゃんは、あやすと笑ってくれるようになったり、首も段々としっかりしてくるので、セパレートの服を取り入れるなど服装選びの幅が増える時期です。

秋は生まれた時期より気温が下がってくるので「体が冷えたら可哀想」と、ついつい重ね着などをして厚着しがちになってしまっていませんか?

涼しく感じる氷魚増えてくると、生後3ヶ月の赤ちゃんが寒くないかな?と心配になりますが、赤ちゃんは大人よりも体温が高いことを忘れないようにしてくださいね。

秋物のベビー服は夏物に比べて長袖で厚手の物が多いので、厚着し過ぎると汗だくになったり熱が体内にこもりすぎてしまい、グズグズの原因になってしまうこともあるんですよ。

赤ちゃんは暑いと汗をたくさんかくので、汗をかいていないか?こまめに肌着をチェックして、臨機応変に部屋着を変えていってあげましょう。

それでは、生後3ヶ月の赤ちゃんの秋の服装はどんなものがいいか?種類ごとにご紹介していきましょう。

肌着の選び方と着せ方

たくさん手足をバタバタと動かすようになる生後3ヶ月の時期は、はだけにくいコンビ肌着か前開きタイプのボディ肌着がおすすめです。

ボディ肌着とは紐で結ぶのタイプのものではなく、ボタンで留めるタイプの肌着で、前開きのものと頭からかぶせるものがありますが、月齢が小さいうちは首に負担がかからない前開きのものが着せやすくおすすめですよ。

まだ寝返りなどあまりしないのでコンビ肌着でも大丈夫ですが、赤ちゃんの成長をみて、少しきついようであれば、ボディ肌着を着せてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの成長は早いのでコンビ肌着は必ず必要なものではありません。すでにボディ肌着をお持ちの場合はそちらで十分です。

すこし肌寒く感じることもあるこの季節、赤ちゃんを肌着一枚で過ごさせることはない時期ですので、半袖のものを着せてあげれば大丈夫ですよ。
Sponserd Link

【部屋着/お出かけ】秋の服装の選び方と着せ方

生後3ヶ月の赤ちゃん生後3ヶ月の赤ちゃんの秋の服装選びは、毎日の気温の差が大きいので毎日迷ってしまう…というママも多いと思います。次に、部屋着とお出かけ着に分けてお話していきますね。

部屋着

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは寝返りはまだしなくても、バタバタと活発に手足を動かしますので、室内で過ごす時の部屋着は、肌着+長袖のカバーオールが最適です。

元々ツーウェイオールを持っている場合は、はだけないようにズボンタイプで着せてあげるのがおすすめです。

秋は涼しい日もありますが、まだ汗ばむような日もあるので、厚着は禁物です。汗が原因であせもや湿疹の原因にもなってしまうので注意してあげてくださいね。

また、秋は急に冷え込むこともあるので、暖かい日用の通年素材と、肌寒い日用の秋冬物のカバーオールを準備しておくと良いでしょう。

お出かけの服装

生後3ヶ月の赤ちゃんと秋にお出かけする時の服装は、いつもの服装+その日の気温に合わせたアウターが必要になってきます。

秋の入り口は、さっと羽織れるベストやカーディガンをお出かけの時にバックに入れて持って行くと、急に冷えてきた時に便利です。

秋も深まり、寒さを感じるようになってきたら、少し厚手のキルト素材のカバーオールをいつもの服装の上にアウターとして着せてあげるのがおすすめですよ!

また、秋は靴下を履かせようか迷いがちですが、赤ちゃんは素足で体温調節をすると言われているので、なるべく靴下は履かせずレッグウォーマーで対応してあげてくださいね。

秋の服装は気温に合せた服装が◎

毎日の気温の変動が激しく、昨日は暑かったのに、今日は肌寒い…。朝は寒かったのに昼になると汗ばむ…。なんてことがある秋は、大人でも服装選びに迷ってしまいますよね。

また、身体が寒暖差に慣れず体調を崩してしまいがちなので、生後3ヶ月の赤ちゃんが元気に過ごすためには、毎日の服装を選びがとても重要です。

一般的に秋物のベビー服は、長袖で少し厚手の生地のものが多いです。

しかし、赤ちゃんの体温は大人よりも高く暑がりなので大人よりも少し薄めを心がけると良いでしょう。

具体的には、気温が20℃以上の時は半袖か薄手の長袖のカバーオールに、薄手のカーディガンやパーカーなどの羽織り物で調整してあげるのがベストです。

秋は赤ちゃんが汗をかいてしまった場合、夏とは違って冷えやすくなるのですぐに服を着替えさせてあげてくださいね。

また、そんなに汗をかいていなかったとしても、やはり基礎代謝が活発な生後3ヶ月の赤ちゃんは、汗疹や乳児湿疹が出来やすいので、こまめに肌着だけはかえてあげるようにしましょう。

SponserdLink

生後3ヶ月│秋の寝パジャマの選び方

生後3ヶ月の赤ちゃん秋になるとエアコンを付けなくても心地よく寝られるようになりますが、朝方に冷え込んだりしてついつい寝冷えしてしまう時期です。

とはいえ、寝るときにあまりあったかいパジャマを着せてしまうと、汗だくになってしまったり不快で夜泣きの原因になることも。

この季節の赤ちゃんの寝るときの服装・パジャマ選びはママのみなさんの共通のお悩みですよね。

では、どんなものを寝る時にパジャマとして着せてあげたらいいのでしょうか?

カバーオールやロンパースが◎

生後3ヶ月の赤ちゃんの標準的な服のサイズは、60~70cmです。

今まで夏の暑い時期は、短肌着とコンビ肌着の組み合わせで寝かしていた方も多いかと思いますが、この組み合わせがそろそろ小さく感じるようになってきていませんか?

そんな生後3ヶ月の赤ちゃんには、70cmのカバーオールやロンパースをパジャマとして着せてあげるのがおすすめです。

赤ちゃんの昼夜のリズムをしっかりつけるためにも、沐浴後や寝る前にパジャマ用と決めた服を着せて、朝起きたら日中用の服にお着替えをする習慣をつけましょう。

赤ちゃんも1日のリズムを理解するようになり、体内時計がきちんと完成していきますよ!

生後3ヶ月│秋の布団のかけ方

生後3ヶ月の赤ちゃん生後3ヶ月の赤ちゃんのお布団は、どんなものを何枚かけてあげたらいいか迷ってしまうママも多いですよね。

住んでいる地域にもよりますが、秋の夜は家の中の温度もその日によって過ごしやすい時もあれば、肌寒い日もあるなど大きく変わります。

その日の体感温度で臨機応変に対応できるよう、何パターンかお布団を用意しておけば安心ですね。

過ごしやすい夜の日の場合は、赤ちゃん用のタオルケットやガーゼケット 1枚でも大丈夫ですが、朝方など少し肌寒く感じる時はバスタオルやおくるみを1枚追加してかけてあげるようにしましょう。

肌寒くなってきたら温かい布団に!

秋も深まり、寝るときも肌寒く感じるようになったら、ベビー用の綿布団や綿毛布に変えてあげましょう。さらに寒くなってきたらこの2つを重ねてかけてあげると良いです。

また、生後3ヶ月を過ぎると赤ちゃんによって寝返りをするようになり、また寝返りをしない赤ちゃんでも手足のバタバタで布団が脱げてしまうことがよくあります。

そんな時は、パジャマの上に着せるタイプのスリーパーがあれば、赤ちゃんが布団を脱いでしまったばあいでも寝冷えする心配がないですね。

スリーパーにはガーゼ素材のものから綿毛布素材のものなど様々な素材のものが売られてますので、季節に応じて選んであげるといいでしょう。

まとめ

生後3ヶ月の赤ちゃん今回は【生後3月の秋の服装】部屋着・お出かけ・パジャマの選び方を紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

だんだん動きが活発になってきた生後3ヶ月の赤ちゃんの秋の過ごし方は、赤ちゃんを厚着させないよう注意することが大切ですよ。

生まれてまだ間もない赤ちゃんが初めて迎える秋なので、寒くて風邪をひかせないように!と、思いがちですが、大人とは違って赤ちゃんはまだ基礎代謝が活発で体温が高いです。

あたたかくしすぎることにより、汗疹や湿疹の原因になりますので注意しましょう。

また、秋の日中は過ごしやすい気候で、赤ちゃんにとっても外出日和です。ベビーカーや抱っこ紐で積極的にお散歩や日光浴をしてあげましょう。

爽やかな秋の風と日差しをたくさん感じさせてあげることで、夜もしっかりぐっすり寝てくれるようになり、ママの負担が減ることにもつながりますよ☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事:  梅雨に赤ちゃんが寝る時の服装は何を着せる?寝冷えを防ぐ対策も紹介!