エンタメ

小室哲哉Keikoとの離婚の慰謝料はいくら?現在の収入・借金も!

音楽プロデューサーとして数々の名曲を世に送り出してきた小室哲哉が、妻でglobeのヴォーカルでもあったKeikoに離婚を求めて調停中というニュースが入ってきました。

keikoは数年前にくも膜下出血を患い、現在地元である大分県でおだやかに暮らしているということですが、気になるのは離婚に係る慰謝料の額ですよね。

また、小室哲哉は既に音楽活動から引退を表明しており、現在の収入や借金も気になっている人も多いと思います。

そこで今回は、小室哲哉Keikoとの離婚での慰謝料はいくら?現在の収入・借金も!と題してお送りしていきます。それでは早速始めていきましょう!

小室哲哉Keikoとの離婚の慰謝料はいくら?

文春が報じた小室哲哉とKeikoの離婚報道ですが、詳しく見てみると現在離婚調停が進められているようですが、双方で婚姻費についての相違があるようです。

つまり、小室哲哉は慰謝料としてKeiko側に多額を払うつもりはなく、調停が難航しているそうです。

現在、Keikoは実家のある大分県で穏やかに暮らしていて、身の回りのサポートは家族が全て行っているようです。

以前、小室哲哉に浮気報道があった時は「介護疲れ」をアピールしていましたが、Keikoの家族は「介護らしい事は何もしていない!」と反論しています。

小室哲哉はKeikoが病に倒れてからほとんど一緒に過ごしておらず、Keikの生活費もサポートしている実家に入れていなかったと文春は報じています。

そして、実家が小室哲哉に「結婚しているのだから生活費を入れて欲しい」と伝えた所、離婚を切り出されたようです。

婚姻費用月8万円?

小室哲哉側は離婚調停の際に、Keikoに支払われる婚姻費用は月8万円を主張しているという報道もあります。

現在の小室哲哉の収入はおよそ年間1億円と見られていますが、税金・諸経費に数千万円かかり、実際の収入は年収600万円を主張しているということですが…

月額100万円以上のマンションに住み、運転手付きのベンツで移動し…など浪費癖は抜けていない様子で、これに対してKeikoの家族も納得できない!と反論している模様です。

病に倒れたKeikoさんにお金を払いたくないのか…ちょっと男性としてかっこ悪いなーと思ってしまいますよね。

Sponserd Link

小室哲哉の現在の収入・借金も!

小室哲哉の現在の年収は先程もお話したように、年収1億円以上の総収入があると文春が報じています。

90年代に爆発的な人気を獲得した小室哲哉のたくさんの楽曲は現在でも使い続けられているので、印税としてそれ位の収入があってもおかしくはないですよね!

しかし、借金についてはおよそ10億円あると言われています。この借金は浪費癖も一因ですが、今だに浪費を続けていて、利子を払うものの元本の返済を先延ばしにしているというような情報もあります。

素晴らしい才能はあるのに…やっぱり小室哲哉さんって何だか残念な男ですよね。

SponserdLink

まとめ

小室哲哉Keikoとの離婚での慰謝料はいくら?現在の収入・借金も!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

文春が現在2人は離婚調停中であることを報じましたが、小室哲哉はKeikoに慰謝料を多く払いたくない模様で、婚姻費用月8万円を提示しているという情報が入っています。

そして、小室哲哉の年収は約1億円程度、借金は10億円程度と見られていますが、正確な金額は分かっていません。

病を患ったKeikoさんは現在実家のある大分県で家族のサポートのもと穏やかに暮らしている様子ですが、なるべく穏便に話がまとまることを願っています。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

関連記事:  花崎阿弓の体重とカップは?年齢とプロフィールも紹介!水卜アナ似?