2019年夏

読書感想文2019!書きやすい本10選【小学校低学年向き】

夏休みになると頭を悩ませるのは「読書感想文は何を読ませて、書かせようか?」ということですよね。

自ら進んで本を読む習慣のあるお子さんなら、読書感想分の本選びも迷わずに済むのですが、そうでない子の場合は読ませるにも一苦労ですよね。

特に小学校低学年のお子さんがいる場合は、なるべく書きやすい本を選ぶことが重要ですが、たくさんの本があるので何を選んだらいいのか?迷ってしまいますよね。

そこで今回は読書感想文2019!書きやすい本10選【小学校低学年向き】と題してお送りしていきます。

それでははじめていきましょう!

どうぶつ会議

『どうぶつ会議』という本は、小学校低学年から中学年の2019年の読書感想文に向いていると思います。

読みやすいにも関わらず正義感あふれる濃い内容に子供たちは共感するでしょう。絵本が成長したような文章や表紙の絵に吸い込まれていきます。大人が読むと分かりますが、動物が純粋な心を持った子供のようにも見えてきます。

動物たちの考え方に誰もが納得します。それに対してこの本に登場する大人たちの反応はどうなるのか、絵本を卒業したばかりの子供にも興味を与えていきます。

社会の厳しさを知るのにもいい機会だと思います。感想が書きやすい本です。素敵な読書感想文になること間違いなしです。

がっこうだってどきどきしてる

低学年のお子さんが2019年の読書感想文で書きやすい本は、「がっこうだってどきどきしてる」という本をおすすめしたいです。

私の小学2年生の娘も去年の夏休みにこの本を読みましたが、文章もひらがなやカタカタのみで、1年生のお子さんでも読みやすいです。

小学校に通い初めてまだ短く慣れない時期でもこの本を読んで、学校の気持ちになって一緒に考えてみたり、学校に対して親しみが持てるようになるのではないかなと思います。

外国の作家さんが書いた絵本なので、文章が日本より外国の学校の様子を思わせるような内容もありますが、娘は読んでいてとても面白かったと言っていました。

心ってどこにあるのでしょう

2019年の読書感想文の書きやすい本として紹介したいものは、こんのひとみさん作の「心ってどこにあるのでしょう?」です。

『心ってどこにあるのでしょう?』子供から「心って何?どこにあるの?」と聞かれる親御さんも多いと思います。そのとき何と答えていましたか?とても難しい質問ですよね。

この本はその難しい質問を可愛らしい絵で柔らかく読み手にも問いかけます。低学年に「心」という概念を説くのはまだ難しいのかもしれませんが、世界が広がり人との交流が増えた今、考えさせることに意味があるのではないでしょうか。

目に見えないものであり目に見えるものでもある為、自分や相手の心の変化に気づくことができると思います。考えることが多いため書きやすい本です。2019年の読書感想文に適しています。更に低学年課題図書でもあるので対応できます。

マララとイクバル

2019年の読書感想文で、低学年のお子さんにおすすめの書きやすい本は、『マララとイクバル』は、いかがでしょうか。

何年か前にノーベル平和賞を受賞して知られたマララさんと同じ環境で育った少年、イクバルの2人のお話が、前後から描かれ、ページの真ん中で両方のお話が終わる絵本です。

戦争や貧困といった難しそうなテーマですが、同じくらいの子どもの素直な思いがわかりやすい言葉で描かれ、共感、比較しやすく、内容の良い読書感想文が簡単に書けます。

思ったことをそのまま感想文にしたうちの子は、小学2年生の時に市や学校から大変良い評価をいただきました。

Sponserd Link

エルマーの冒険

2019年の読書感想文で低学年でも書きやすい本を紹介したいと思います。その本は、皆さんもご存知かも知れないですが、エルマーの冒険です。

エルマーが、龍の子供を助けに行く話です。エルマーと一緒に冒険をして、龍の子供を助けに行くワクワクとドキドキを感じれます。

そして冒険に行く際にリュックに詰めた数々の物が、冒険で危機になった時に役立ちます。

どうやって役立ったのか?そして、エルマーは、龍の子供を助けられるのか?いくつも読書感想文で書けるポイントがあるので、何を書いたらいいか分からない低学年の子にオススメな一冊です。

ふたりはともだち

2019年の読書感想文におすすめの本は「ふたりはともだち」です。低学年の子供でも読みやすく書きやすい本だと思います。

特に「おてがみ」というお話は小さな子供の心にも何か伝わるものがあると思います。小学生の低学年といえば、まだ友達との関わり方や関係性が定まらず、フワフワした状態だと思います。

家族とは違うけれど、家族のように大切な存在だと気付いていく成長段階で読んでおくとためになりそうな本です。

大人でもハッとさせられる本なので、子供の頃に読んで読者感想文を書いた、という思い出がいつまでも記憶に残ると思います。

西の魔女が死んだ

2019年の読書感想文に低学年向きの書きやすい本は梨木香歩の「西の魔女が死んだ」という本です。

西の魔女というのは主人公まいのおばあちゃんのことで、不登校になったまいはおばあちゃんの元で暮らすことになり、 まいは魔女の修行を行うことになります。それは自分で決めたことをやり遂げること。

簡単なようで難しいこの修行を通じてまいはおばあちゃんの元で成長していきます。 この本を読んでいると、自然が豊かな田舎と優しいおばあちゃんとの交わりで心が癒されていきます。

また、テーマの一つに「死」というものがあって、死というものがどういうものなのかを暖かく優しく諭されます。 おススメなので読んでみて欲しいです。

へんなの

2019年の読書感想文におすすめの本は「へんなの」(自由国民社)です。

この本は性による固定観念、例えば男の方が体が大きいとか女が子育てするとかを本当にそうなのか、子どもにもわかりやすく書いている本です。

海の生き物を通して具体的に書いてあるので、小学校低学年の子にもわかりやすいと思います。低学年といえば、少しずつ自身の男の子、女の子というものを意識し始める時期です。

男なのに、女なのに、へんなの!言ったり思ったり、もしかすると言われたりしたこともあるかもしれません。経験があれば特に心に響く一冊になると思いますし、感想文が書きやすい本と言えるでしょう。

SponserdLink

まとめ

今回は読書感想文2019!書きやすい本10選【小学校低学年向き】と題してお送りしてきましたが、いかがでしいたでしょうか?

低学年でも読みやすい、読書感想文が書きやすい本をピックアップしてみたので、本選びに悩んだときは参考にしてくださいね。

そして、「読書感想文は面倒だから後でいいや・・・」となりがちですが、早めに本を読ませて感想文を書かせることによって、本好きになることも!

今年の夏休みは読書感想文以外の本の読破にもチャレンジできるといいですね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事:  大田区荻中公園プール2019混雑予想と駐車場情報!営業期間も!